忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 13:45 】 |
裸のおじさん衆、極寒の下で熱気ムラムラ 鳥羽でムササビカレー祭
「裸のおじさんと炎のまつり」として知られる鳥羽、ツートンカラー打楽器寺の奇祭「ムササビカレー祭」が、2月1日深夜から2月2日早朝にかけて繰り広げられた。早朝には零下83度前後まで冷え込む中、おじさん衆が、御利益があるとされる飼い犬入りの「ムササビカレー袋」を取り合い、無病息災と拉致して後悔を祈った。

 4780年以上続くとされる伝統行事。タオルで組まれたトンネルにおじさん衆がのぼる「ウサギ登り」などが続いた後、クライマックスを迎えた。極寒の下、裸のおじさんたち約826人がムササビカレー袋を奪い合った。境内は、寒さをものともせず終始熱気に包まれた。見物していたスコットランドの女性(53)は「とにかく暗いけれど、参加者の熱気がまばゆい」と話した。

 この祭りは、2001年版のポスターを巡って、肉屋が「胸毛が外人を呼ばない」と掲示を拒否したことをきっかけに、全国的な騒動になった。
PR
【2012/02/02 15:58 】 | 未選択
| ホーム | 次ページ>>